【業務スーパーのたまねぎが便利すぎる】目に染みずに調理できます

煮物系

たまねぎを料理に使いたいけど目に染みるの嫌だし使うのやめよう…
カットしてあれば切る必要がないから便利なんだけど。

こんな風に悩んでいるあなたにおすすめできる商品がありますよ!

本記事の内容 ・目に染みることがない「玉ねぎ」
・親子丼風炒め物のレシピ
・冷凍ならではの欠点

業務スーパーの

「スライスたまねぎ」

業務スーパーのスライスたまねぎの外袋

です。

内容量:500グラム
価格:127円(税込み)
目に染みず調理ができるのでgood

この商品はたまねぎが細くカットされた状態で冷凍されていて使いたい時にそのまま入れるだけなので「目に染みる」こともなければ「手間」もかかりません!

・目に染みることがない
・カット調理済
・皮も剥いてある

という事でこの「スライスたまねぎ」を使ったレシピを紹介していきます!

親子丼風炒め物 (所要時間:9分)

《材料》
・鶏肉もも肉 …200グラム
・卵 …3個
・スライスたまねぎ …適量
《調味料》
・めんつゆ …大さじ3
・みりん …大さじ1
・酒 …大さじ1
・砂糖 …大さじ1/2

1.鶏肉を50ccの水と共に煮る

鶏肉を煮込む

2.鶏肉に火が通ったら調味料とたまねぎを入れる

肉とたまねぎを調味料で煮込む

3.少し煮込み卵を3/4投入

煮込んだたまねぎと鶏肉に卵を流し込む

4.卵が固まってきたら残りの1/4を投入

親子丼風炒め物の完成写真

レシピは以上になります。

まさに「親子丼(ご飯抜きver)」です笑

割と薄味目に作ったので濃いのがすきなあなたはもう少しめんつゆを足してください。

料理についての補足

料理についての補足

鶏肉はもも肉を使う

鶏肉はもも肉を使って調理をしましょう。

理由は

・しっとりした食感
・肉の脂が旨味を出してくれる

からです。

脂身の少ないむね肉を使ってしまうと

・肉がパサつく
・全体に旨味が出ない

とあまり美味しく仕上がらず、親子丼のようなしっとりしたお肉にならないのでもも肉を使うようにしましょう!

卵を分けていれる理由

卵の食感をふんわりさせるために2回に分けます。

水分を吸収するまえに盛りつけることで「味が染みた卵」と「食感がふわふわな卵」の両方を作ることができ食べているときも変化を味わえるのです。

色味も鮮やかになるので作る時は忘れずに2回に分けてください!

水は少なめに!

このレシピで使った水の量は50ccと少なめ。

理由はスライスたまねぎが水分をかなり含んでおり、水を多く入れると薄くなってしまうからです。

下記で述べている「電子レンジで解凍」して水分を飛ばすのであれば60ccぐらい用意した方が丁度いいかもしれません。

煮込んでいるときに味見をして確認しましょう。

冷凍ならではの欠点

冷凍ならではの欠点

「スライスたまねぎ」は目に染みない良い所だけかというとそんなことはありませんので解説しておきます。

◎メリット
・目に染みない
・すぐに使える
・皮を剥く必要がない
◎デメリット
・水っぽい
・シャキシャキ感が足りない

冷凍ならではの良い所もある面、生のたまねぎに比べて劣る部分があります。

それは「食感」です。

冷凍なので仕方ないのですがべちょっとした食感が否めませんので、シャキッとした食感が欲しいなら「スライスたまねぎ」はおすすめできません。

・目に染みるのが嫌
・料理の手間を省きたい

このような悩みがあれば使ってみてもいいかもしれません。

一人暮らしの僕の場合、たまねぎの下準備に時間をかけるのはもったいないのと思うので「スライスたまねぎ」を使っています。

なるべく「シャキシャキ」させたい

とはいえシャキッとさせたいですよね…

そんなときは「電子レンジ」を使って解凍しておきましょう。

レンジで解凍するだけだと水分が逃げないので、解凍出来たらキッチンペーパーでしっかり水分を拭き取ってから使ってみてください。

少しは改善すると思いますよ~

おわりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました