業務スーパーの「豚焼肉タレ漬け」は一人暮らしにおすすめ【欠点もあります】

丼系

業務スーパーの「豚焼肉タレ漬け」は丼で食べると美味しい?
丼で食べるとしたらどんなレシピがいいのか、欠点もあったら教えて欲しいなぁ~

こんな疑問を持っている一人暮らしのあなたのためになる記事です。

本記事の内容・業務スーパーで丼にできる冷凍食品6選
・豚焼肉丼レシピ(所要時間:5分)
・豚焼肉タレ漬けの欠点

4年間の一人暮らしの中で業務スーパーに1年間通い、平日は毎日自炊している僕が解説します。

業務スーパーで丼にできる冷凍食品6選

・ハンバーグ(マッシュルーム入りデミソース)
・ハンバーグ(チーズ入りトマトソース)
・プルコギ
・塩さば切身
・大盛牛丼の具
・豚焼肉タレ漬け

ハンバーグ(マッシュルーム入りデミソース)

ハンバーグ(マッシュルーム入りデミソース)

内容量:1個
価格:102円(税込み)
味付きハンバーグ、マッシュルームも入っており100円とは思えない美味しさ

味が付いているので解凍するだけでおかずになります。

一人暮らしだとカップラーメンや納豆ご飯などレパートリーが少ないのではないでしょうか。

そんな時に冷凍ハンバーグおススメです。

ハンバーグ(チーズ入りトマトソース)

ハンバーグ(チーズ入りトマトソース)

内容量:1個
価格:102円(税込み)
味付きハンバーグ、チーズとトマトが絶妙!

ハンバーグ(マッシュルーム入りデミソース)と同じように解凍するだけでおかずの一品になってくれます。

こちらの方は「チーズとトマト」なのでイタリアン風に。

今紹介した2つのハンバーグは「ロコモコ丼」にもぴったり。ハンバーグが出来上がっているので作るのは目玉焼きぐらいであとは野菜を乗せて完成です。

一人暮らしで料理が得意でなくても簡単に作れますのでぜひ。

プルコギ

プルコギ

内容量:500グラム
価格:429円(税込み)
フライパンで炒めるだけ、味付けが濃い目でご飯がすすむ

肉に味が付いた状態で冷凍されており、簡単にプルコギ風の炒め物を作ることができます。

味がかなり濃いのが少し扱いづらいかも…

料理酒で薄めたり、砂糖で塩辛さをやわらげたりして使うのがおススメ。

塩さば切身

塩さば切身

内容量:5切
価格:321円(税込み)
開いてあるので解凍して焼くだけ、骨は残ったまま冷凍されている

切身なので焼いてそのまま食べると脂が乗ってとても美味しいのですが、丼のメインにすると美味しさが際立ちます。

身をほぐして、真ん中に卵を乗せれば絶品丼ぶりの完成!

大盛牛丼の具

大盛牛丼の具

内容量:180g×3パック
価格:496円(税込み)
パウチで密閉されておりいつでも手軽に牛丼が食べられる、レンジで解凍するだけ

1人前ずつに分かれているので量を調節しやすいです。

業務スーパーで購入できる「おろしポン酢」で味付けて食べると、グレードアップした牛丼を食べることができます。

豚焼肉タレ漬け

業務スーパーの豚焼肉たれ漬け

内容量:500グラム
価格:318円(税込み)
味付きで冷凍してあるのでただ焼くだけ

この記事ではこの冷凍食品を使って紹介していきます。

豚焼肉タレ漬け(所要時間:5分)

《材料》
・豚焼肉たれ漬け  
・スライスたまねぎ
・豆苗
・ごま
・卵             …各適量
《調味料》
・料理酒 …大さじ2

1.たまねぎをあめ色になるまで炒める

たまねぎをあめ色になるまで炒める

2.豚焼肉たれ漬けと料理酒を入れて混ぜ合わせるように炒める

3.ご飯の上に盛りたまご、豆苗、ごまをのせる

豚焼肉たれ漬け丼完成

レシピは以上になります。

「豚焼肉タレ漬け」の濃い目な味にマイルドな卵が合わさりご飯がすすみます。

口が脂っこくなりますが豆苗も一緒に食べることでさっぱりした風味を感じることができ、飽きがこないどんぶりになっています。

◎ごまと豆苗は少量でok

「ごま&豆苗」は少量をのせるイメージで使いましょう。

入れすぎるとごまと豆苗の主張が強くなり味のバランスが悪くなってしまうからです。

少しの風味と、食欲がわく見た目になればok!

ちなみにいりごまも業務スーパーで購入しましたよ

◎スライスたまねぎ

業務スーパーのスライスたまねぎ

内容量:500グラム
価格:127円(税込み)
目に染みず手軽に調理ができるのでgood

スライスたまねぎの良い所は

・下準備が不要
・目に染みない
・食感を手軽にプラスできる

この3つです。

特に一人暮らしだと「自分一人のために下準備して料理するのめんどい」ってなりがちですが、それを解消してくれます。手軽にシャキシャキとした食感が出せるのでオススメです。

僕個人的にたまねぎを準備するときに必ず「目が染みる」ので生のたまねぎはあまり使おうと思いません笑

けどこの冷凍食品だったら目に染みる心配をすることなく使うことができます。

◎丼にすることで時短に

丼にすることで時短になります。

理由は「皿を一つにまとめることで洗い物が減る」からです。

ぼくはよく丼物を作るのですがその時の洗い物は少ないので楽チンです。皿数が少なく邪魔にならないので、洗剤でつけ置きして次の日の洗い物と一緒に洗ったりもします。

積極的に丼にして楽しましょう。笑

豚焼肉タレ漬けの欠点

・味が濃い
・食感に好き嫌いが分かれる
・脂分が多い

味が濃い

1つ目の欠点は「味が濃い」です。

ただ味が濃いのではなく「塩辛いほどの濃さ」があるので、味に飽きたり食べきれなかったりするかもしれません。

今回のレシピでは料理酒を入れてますが、そんな工夫が必要になります。

・料理酒
・砂糖
・酢
・水溶き片栗粉

このような調味料を上手く使うことで味の濃さを解決できることがあります。

補足

味を調節するときは、味見をしながら少しずつ足していくようにしましょう。

入れすぎて味がおかしくなるのを防ぐためです。

めんどくさがり屋な性格上、味見も面倒なので適当に味を調節していましたがバランスが悪く美味しくないことがしばしばありました。
「自分が食べる分だからいいや」と思う反面、「美味しい料理を作って食べたい」とも思い味見をするようにしてます。
味見をしながら調節するようになってからは失敗も少なくなりました。

めんどうですが、味見で確認しながら調味料で調節するようにしましょう。

食感に好き嫌いが分かれる

2つ目の欠点は「食感に好き嫌いが分かれる」です。

なぜなら「豚焼肉タレ漬け」は

・豚タンルート(舌の根本)
・かしら(こめかみあたり)

という部位が使われており「コリッ、コリッ」という食感があるのが特徴的だからです。

コリコリした食感が得意じゃないのは僕だけじゃないはず。

最初買った時は豚バラ肉などがタレに漬けこまれているのだと思って購入しました。(これはパッケージをよく見なかった僕が悪いのですが…)
豚バラをイメージして買ったので「ずいぶん固い肉が使われているんだなぁ」と思いましたが、実はコリコリする部位だったという…
あまり軟骨のような食感が得意じゃないのですが、この商品はコスパが良いので何回も購入してます。

食感から好みが分かれる商品だと思います。

こういった食感が苦手な方は結構いらっしゃいますが、安いので試しに1つ買ってみるのもアリだと思いますよ。

脂分が多い

3つ目の欠点は「脂分が多い」です。

炒めていると永遠と脂が出てきます。
漬け込んだタレに相当な量の油が使われているのでしょう。

フライパンで炒めながら飛ばそうと思いましたが、脂がでてくるばかりで諦めました笑

ここまで脂が出ると「体に悪いんじゃないか?」って心配になるくらいです。僕の場合はIHで火力が少し弱いため脂分が飛びにくいというのもあると思いますが…

「豚焼肉タレ漬け」を使う時にサラダ油は不要です。

丼にするとご飯にも味が付いて最後まで美味しく食べれるのでオススメです。

ぜひ作ってみてください!

おわりです~

コメント

タイトルとURLをコピーしました